月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第9回:第10巻感想(中編)】

<<   作成日時 : 2009/06/13 07:34   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 17

書いてる内に長くなってしまったので、急遽3回に分けます。


最初に、前編で書き忘れていたことを一つ。
情報を頂いていた10巻購入特典のペーパーは、残念ながら手に入りませんでした。
アニ○イトとかで購入していれば貰えたかもしれませんが、普通の書店だったので仕方ないですね。
もしご覧になった方がいらっしゃいましたら、爽やかさの化身になっていたであろう、
魔王様のお姿
についての情報をお待ちしております。きっとあんなポーズやこんなポーズを…。

では、中・後編で第10巻各話の感想を書いていきたいと思います。
尚、まだ最新刊が発売して間もないですから、画像の掲載は自重させて頂きます。
気になったシーンは、是非書店で購入して見て下さい!
(皆さんもう既に購入済みだと思うので、余計なお世話だと思いますが)



第四十四夜:執着


ツッコミを入れる雰囲気ではない回です。
ゼロのゆうきに対する複雑な気持ちと、ゆうきの昔も今も変わらぬまっすぐな気持ちが交錯。
耐えきれなくなったゼロはゆうきに銃口を向け、整理のつかない気持ちを吐露し苦悩する。
そんなシーンに、ふざけてツッコミを入れようにも無理がある…のですが、
何と、作者さん自身が扉絵のおまけ漫画で、このシリアス展開に対して
自らツッコミを入れてしまっている
のが、この漫画の凄い所です。
こんなことされちゃったら、ツッコミ感想書いてる我々もお手上げですよ!
ということで、本編もさることながら半年間も銃口を向けたまま突っ立って待っていたため、
腕と足腰がプルプルいってるゼロの頑張りに涙
しましょう。

他にツッコミを入れるとしたら、魔王の「お前は僕に似ている。(中略)その醜いほどの執着――」
って言葉に対してですかね。「お前」とはゼロに向けたものなのか、ゲスさんに向けたものなのか、
飛んできたコウモリに向けたもの(ねーよ)なのか、定かではない(たぶんゼロでしょうけど)ですが、
誰であっても似てるだなんておこがましい、あんたの執着がぶっちぎりbPだよ!!
と言いたいですね。かなめ様は、もっともっと特別なオンリー1(変態)だと思います。




第四十五夜:それぞれの場所で


第四十四夜に引き続きシリアス回です。
この巻の最注目、魔女改め女帝(メニィさん案)とシルクさんの顛末は前編で書きましたので、
協会長のヴァンパイア化観察日記…ではなく、理事長の秘密について触れたいのですが、
それも全てが明かされたわけではないので、推測に頼るしかない部分が大きいです。

理事長と樹里さんの関係、黒主学園を作った理由については一応明かされてますが、
理事長が生まれながらにどういう過去を背負っているのか(しがらみとは何なのか)、
なぜ牙を持たないヴァンパイアと呼ばれたり、なぜ理事長になってあんなに性格が変わったのか、
あの長いマフラーは結局ただの趣味ファッションなのか
、などは謎のままです。
第二部でのお楽しみということでしょうか。マフラーについては永遠に謎のままでしょうけど。

明かされたことを統合して考察するに、ハンターとしてヴァンパイアを抹殺していたものの、
樹理と出会って考えが変わり、彼女の意思通り学園を創った…みたいなことだと思われます。
まあ、要するに、理事長は樹理さんに好意を抱いてたんですよね。分かります。
協会長については、アニメで一目見た時から、ヴァンパイアでない方がおかしい程
誰よりもヴァンパイアっぽく見えた
ので、驚きは無かったです。アニメ同様に哀れな末路に合掌。




第四十六夜:敵


ゆうきvsゼロvs魔王の三つ巴、第一部クライマックスの最終決戦です。
ゆうきにはためらう攻撃も、魔王には一切手加減なしなスーパーヴァンパイアハンターと化したゼロ、
それに対する、最後の邪魔者を消しさるために降り立った最凶魔王の邂逅!
いつもは得意の魔王ゾーンで自ら手を下すこともなく敵を瞬殺する魔王も、
ゼロの攻撃によって片手をやられる緊張感マックスなガチ☆バトル展開です。
…ってこれ、本当に少女漫画のあらすじかよ!爽やかさのカケラもないよ!
これがドラゴンボールだったら、魔王とゼロの最初の攻撃だけでアニメ1話分を使いそうですね。

また、既にコメントで話題沸騰になってますが、魔王が骨抜きにされてしまいました。
元々ゆうきの為なら何でもしていた男ですが、そのゆうきが魔王を操る術を身につけてしまい、
かつての全てを掌握する腹黒魔王ぶりはどこへやら、ゆうきの使い魔みたいになってます。
もっと酷く言えば、惚れてるスケバンに「やめときな!」と言われて縮こまるチンピラです。
捨てセリフにもいつものキレが無いですね。魔王から魔王度を取ってしまったら、
正真正銘ただの変態になってしまう
ので、第二部のかなめ様のあだ名が、
魔王から変態に正式に変わってしまわないか心配(楽しみ)です。


さて、好き勝手にツッコミを入れてきましたが、この回のラストカットにはマジに名シーンです。
熱血少年漫画で、主人公と最大のライバルが袂を分かつ時ならば王道シーンですが、
少女漫画にて、普通の展開なら最後には結ばれるはずの主人公とヒロインが、
まさかこんなに哀しいままに、すれ違って違う道を行く場面が訪れるとは…。
最後に振り返ったゼロと、真っ直ぐな瞳のまま去ったゆうき…鳥肌立った!

前ページの「コロス」「逃げ続ける」の会話も、結末的にはアニメと同類になりますが、
セリフ(ゼロのコロスに対するゆうきの意思)も異なりますが、緊張感や哀愁度も全然違います。
アニメの展開はポカーンでしたが、こちらは説得力があるセリフとシーンに見えました。
その理由として、ここから第二部に続くことが分かっているのと、アニメではひたすら
魔王のためだけのハッピーエンド感がありましたが、原作ではそうは見えないので。
第一話を書いた段階で、作者さんがここまでプロットを全て考えて描いていたとしたら、
とんでもない鬼才だと思います。ギャグのネタまで思惑通りならもはや神域です。




特別編@:とある御婦人の惚気話


おまけの特別編ですが、おまけとは思えないぐらい濃い(色んな意味で)内容です。
魔王(とゆうき)の両親のお話ですが、この二人の子にしてあの魔王在りだなと納得させられました。
悠パパは魔王と違って寡黙な変態ですね。行為にしても王道のストーカーです。
(ストーカーに王道も邪道もないだろってのが正論ですが、ヴァンパイア騎士での話なので)
つまり魔王は、母の魔女属性と父の変態ストーカー性を併せ持っているわけです。

そして、それを美談にしてイチャつく両親を輝く目で見ているゆうきと、
冷たい視線を投げるかなめ少年の姿……ツッコミ待ちってレベルじゃないでしょ!
まさか十数年後、ゆうきはお望み通りに変態行為(母親以上に)で求愛をされ、
かなめ少年は世紀の変態となり、父親以上(異常)に見てられない変態になるとは、
この時の彼らは知る由もございません。嗚呼、この世にタイムマシーンがあるならば、
彼らに未来を教えてあげられるのに。でも、届かぬと分かっていても声をかけましょう。

頑張れかなめ少年!今の君ならまだ引き返せるぞ!

後、どうでもいいですが、なぜか樹里さんの女子高生時代の方が、
今の黒主学園よりも平成っぽい気がするのですが…。黒主学園の方が昭和の匂いがしますね。



最後に、この特別編で分かったことをニッポンのことわざでまとめます。


変態の子は変態



変態はやっぱり変態を産む



変態は変態より出でて変態より変態



元のことわざの意味が薄れてますが、とにかく血は争えないって意味DEATH。けーつろーん。


次回こそ後編にて、屈指のツッコミ回第四十八夜を扱いますので、しばしお待ちください。
(今回の時点で、頑張ってツッコミを入れ過ぎた気がしないでもないですが)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
特典ペーパー手に入れましたよ。書店で手に入れましたよ。
購入後にその情報を知り慌てましたが、結局もう一冊買ってしまいました。
通学途中に三○堂があるのがいけないんです…
小さいペーパーでこれに420円の価値があるかどうかは別としても、衝撃的な絵であることは間違いないです。

構図としてはテラスにでもありそうなイスとテーブルにゼロがつっぷして、優姫が肘をつき、魔王が優姫の後ろで前かがみになって立っています。
テーブルに蓋とストローのついた紙コップが一つと同じコップを魔王が二つ手に持っていて、一つを優姫の頭の上にポンと置いています。
そして三人とも胡散臭い、もとい爽やかな笑顔をこちらに向けています。

なんと妄想をかきたてられる絵なんでしょう。
騎士さん風に言うとつっこみ待ちの絵ですね。

メニィ
2009/06/13 13:49
まず、この三人はどこかにお出かけ中なのでしょうか。
紙コップがなんだか遊園地系の紙コップに見えるのですが…
でも魔王と優姫が私服でゼロは制服っぽい?

そして魔王が飲み物を買いに行ったんでしょうか。
魔王だけ立っていて両手にコップを持っているのでそう見えてしまうのですが、まさのパシリ?
でも優姫がのど渇いたといえばいそいそ買ってきそうです。
最近の優姫と魔王の関係なら特に。
メニィ
2009/06/13 13:49
四十四夜の魔王の言っている似ている相手というのは、私はゲスさんだと思いました。
たかが残滓になっても…と言っているそばでゲスさんの能力っぽいうねうねしている血みたいなのがあるので、これがゲスさんの残滓かなぁと。

更の女帝案、一時採用ありがとうございます。
本採用かどうかは今後の活躍しだいということで、とりあえず次巻でシルクさんとのやり取りがあるので、楽しみに待ちたいと思います。

四十六夜のスケバンとチンピラ説は笑わせてもらいました。
ナットクです。
きっとチンピラは裏では族のトップでもやっているのでしょう。

メニィ
2009/06/13 14:31
ゼロとの決別のシーンは、キスされているのに抱きつきもせず、目も瞑らない優姫にびっくりです。
以前ならパニック起こしていそうですけど。
いきなりで驚いたのか、これまでの戦闘で許容量超えてしまったのか、心情的に思うところがあったのか謎です。
優姫を見下ろすゼロはまた色気がアップしていますね。

四十七夜では、「生まれたときから当たり前のようにあの人から生気をもらっていた」のモノローグで小さい優姫と魔王が口同士でちゅうしてます。
生気をもらうってほっぺたでもよかったはずですよね。
優姫は子供をのっとったゲスさんにほっぺたから吸われてましたし。
……。
魔王は幼子に一体何を教えているんでしょうか。恐ろしい。
メニィ
2009/06/13 14:32
メニィさん沢山のコメントありがとうございます。
2冊買われたのですか!その意気込み素晴らしいですね。
さすがにアニメ○トにもう1冊買いに行く気合は
無かったので情けないです。(そういう問題?)

なるほど、3人の立ち位置はそんな感じですか。
ゼロと魔王がお互いにらみあって、ゆうきが間で冷や汗流しながら
座ってる…というのが、オーソドックスだと思ってましたが、
今や本編の展開がそういう段階じゃないので、
ゼロが突っ伏して、魔王優位な態勢になってしまってるのも、
仕方ない…と思うしかないですね。

三人の胡散くさ…わやかな笑顔、目に浮かぶようです。
この3人が揃って爽やかなシーンになることを
期待することのほうが間違ってたのかもしれません。
月の騎士
2009/06/13 21:16
それにしても、場所が遊園地の可能性ですか!
遊園地なんて行っても、どんなアトラクションよりも
魔王が一番怖い(別の意味で)ので、あまり意味が…。
ゼロは絶叫系が好きそうでもあるし、苦手そうでもあるし、
その辺は微妙ですね。ゆうきは普通に好きそうです。

っと、そんなどうでもいい遊園地妄想は置いといて、
魔王がパシリですか!?いくらなんでも、
兄だと知られた途端、ゆうきの尻に敷かれすぎでは…。
魔王の座から見事に転げ落ちていきますね。
おまけにパシリというアイドルの特権まで
奪ってしまうなんて…。魔王頑張り過ぎです。

結論としては、爽やかな絵かどうかは置いといて
(ほぼ結論出てますけど)
衝撃的な面白ツッコミ写真であることは間違いなさそうですね。
貴重な情報ありがとうございました!
…写真だけ、どっかで100円で売ってないですかねぇ?
月の騎士
2009/06/13 21:19
ああ、メニィさんはゲスさんのことだと思われましたか。
私もちょっとそう思ったのですが、すぐにゼロの回想が
始まったのと、それ以後のストーリーにゲスさんが、
全く絡んでこないので、そんなゲスさんに、こんな重要そうな
セリフは勿体ないかなと思いまして。(どんな理論だ)

女帝案こちらこそありがとうございます!
見れば服装も魔女の黒よりも、白が基調になっているのとか、
女帝っぽいです。シルクさんとのやり取り次第では、
女帝の前に何かつけて○○女帝とか呼ぶ可能性も。
次巻のやり取りは恐ろしくも楽しみです。
少なくとも、一緒に薔薇の紅茶飲んで、
仲良く談笑してるわけではないでしょうね(笑)

魔王もここにきてチンピラとかパシリとか、
作品の中でさえ格が随分落ちたものですね。
魔王の力が落ちたというよりも、
ゆうき(とゼロ)が大分パワーアップ
したのもあるかもしれませんが。
月の騎士
2009/06/13 21:27


ゆうきとゼロ、ゆうきと魔王のKISSシーンでの、
それらのツッコミ場所は普通に見逃しておりました。
(何やってんだ!)

確かにゆうきは、ゼロのKISSには全く反応してないし、
目も瞑ってない!されるがままとは!
驚いてないのは既に魔王と…いやなんでもないです。
目を瞑ってないのは……どうなんでしょう?
…いや、どうなんでしょう?ってのもアレな
話ではありますけども(何を照れてるんだ)
まあでも、ここでゼロが2度目の「なんでもない」を
言わなかったことだけは良かったです。
(この状況で言ったら逆に凄すぎな気もしますけど)

魔王の教えたマウストゥーマウスのKISS行為は、
間違いなく狙って仕込みやがってますね。
それを止めさせない両親もグルとしか思えません。
本当にもうこれだから純血種は…。
シルクさんの呆れや、ゼロの怒りもちょっと分かります。
にしても、間違っても良い子(良いヴァンパイア)には
真似させてはいけないですよね。…しようとも思わないのが
普通でしょうけど、彼らには普通(笑)ですから。
月の騎士
2009/06/13 21:30
画像だけならJBOOKのHPでヴァンパイア騎士と検索すればサンプル画像を見ることができますよ。
メニィ
2009/06/13 21:50
メニィさんコメントありがとうございます。
耳より情報もありがとうございます。
おかげさまで画像拝見しました。
これは…なんという胡散臭さ漂う雰囲気でしょう。
確かに魔王はパシリになってジュースを
買ってきたっぽい感じですね。昔の魔王なら、
ゆうきとテーブルでいちゃついてる間に
アイドルにでも買わせに行っただろうに…。
魔王も丸くなったもんですね。(爽やかではないですけど)
月の騎士
2009/06/14 22:04
私もサンプル見ましたー。胡散くさわやかな笑顔ですね。
やっぱり本編の魔王に爽やかさを求めるのは無茶でした…。

でも別の世界の魔王いや枢ならば可能かもしれませんよ。
例えば、悠パパと樹里ママが生きていて優姫と一度も離れた事の無い超ご都合主義な世界なら「この爽やかな男は(本編ではない別のカケラの)玖蘭枢だ!」と赤で宣言できるかもしれません!
そこまでやらんと想像できんのかと言う話ですが。あ、零の家族も全員生きている設定です。魔王にだけ良い思いはさせません。

あと魔王と零が仲が良い世界は(ファンブックの「ありえん世界」)きっとドコにも存在しないでしょう。カケラの魔女もお手上げ。

魔王のパシリ疑惑ですが、私はアイドルに買いに行かせて優姫の側を離れなかった&優姫に手渡す時だけ自分で持ったと思います。
アイドルはジュースを渡した後は彼らの視界から消え、魔王が(下らない)用がある時はサッと現れると…アイドルを何だと思っているのでしょう私は。
ai
2009/06/14 23:59
理事長の過去の予想ですが「錐生の双子と同じ」発言から見るに、生まれて来る前、お母さんのお腹にいる時は双子だったけど理事長が片割れを喰らってしまい、最凶のハンターとして生まれたんじゃないかと。魔王が8巻でハンターの双子の話をしてたので。
でもハンターの先祖は吸血鬼を食べて力を手に入れたらしいから、ハンター全員「牙の無い吸血鬼」だと思いますがね。

学園自体は表の稼業としてあったのでしょう。いつ理事長になったかは謎ですが。
性格が変わったのは人間になった優姫を引き取ってからだと予想。
零が「昔の面影はほとんど無い」と言ってますし。ハンター同士で黒主家と錐生家も交流があったのでしょう。人間優姫を引き取った頃はゼロは幼稚園か小学一年生くらい?

あれ?優姫の部屋に零と写っている写真と頼ちゃんと写っている写真はあったけど、理事長と優姫が一緒に写っているのは無かったような…い、いや作者さんが描いてないだけて何処かにきっと飾ってあるはずさ!理事長の愛はウザいほど届いてるから!
ai
2009/06/15 00:02
aiさんコメントありがとうございます。
まあ、変態が褒め言葉(だと勝手に解釈してる)
このヴァンパイア騎士の世界でなら、
ある意味、この写真こそが真の爽やかな写真
なのではないか…と無理矢理こじつけてみようにも、
やっぱりムリですよね。やはり赤の宣言は
絶対だった模様です。

かなめ少年が幸福に満ちたままの生活を送ったなら、、
確かに魔王はあそこまでにはならなかったかも…
でも、両親が元々変態(っぽい)なので、
腹黒さは無いにしろ、もっと性質の悪い、
純度100%の変態になった可能性もある気がします。
ゼロはどうなったんですかねぇ?
大きくなってもイチルといちゃつき…何でもないです。

魔王とゼロが仲の良い世界になるには、、
てっぺい☆(自重)が良い人になる可能性より
1000倍ぐらい低い確率でしょうか。
千年を生きた魔女も、黄金の魔女も、
こればかりは変えられない運命かもしれません。
月の騎士
2009/06/15 23:30
理事長の件は、確かにaiさんの説なら、
話が繋がりますね。ただ、イマイチ理事長=最強のハンター
ということにまだピンとこないので、今後理事長が
魔王と互角(はムリでも焦らせるぐらい)の強さを
見せてくれたら、完全に納得します。

性格が変わったのは、昔を忘れるためだとか、
理事長としての役割のためとかも考えましたが、
演じてる感じが全く無いぐらい自然な姿に見えるので、
(むしろ昔の性格の方が演じてるように見える)
やっぱりゆうきによって変えられた説が有力ですかね。
しかし、人って変われるものですねぇ…。(しみじみ)

理事長とゆうきの写真はきっと机の中ですよ!
ゆうきの意志は無視で、理事長が勝手に
入れてるに違いないです。お守りとかにも、
貼り付けてそうですし。でも、それを魔王に処分され、
代わりに自分の写真を押し込まれてるかもしれませんね。
月の騎士
2009/06/15 23:33
こんばんは。今回は色々と明らかになってしまった、玖蘭一家についてコメントを。

本編しか知らない時は、悠パパはマトモだと信じてました。
でもそれは、うみねこEP1だけ見て楼座を癒し系の常識人と判断するのと同じなんですね!
(うみねこ登場人物の紹介がこんなだった気がします)
何が本当か嘘か証明できないって、時にはありがたいですね。
客観的事実が出てしまっては、弾幕も張れないです…。

かなめ少年だって、両親がいる頃は真っ当だと信じていたのに!
ちび優姫にちゅうするシーンで、幻想が全て崩れ去った…。
作者さんはある意味、無限の魔女より残酷ですよ。

女性陣は変態耐性がマックスですね。自身は(多分)普通だけど、変態の手綱を取るのが上手いです。
玖蘭以外の純血種といえば、(死んでるけど)ドS女王の閑と、ドS女帝の更と…。
ドのつくノーマルの零の今後が、思いっきり心配です。

うみねこの疑問や思いつきは、今後はうみねこの「謎考察」で書きます。ネタはヴァン騎士関連でも出しますが(笑)
ai
2009/06/18 00:33
aiさん再びコメントありがとうございます。

魔王パパは第9巻までだと、子供想いの良い親御さんに
しか見えないので、初期楼座を見て誤解するのとは
確かにちょっと似てますねぇ。裏の裏をかいて
楼座は本当は良い人の可能性もまだあったり
するかもしれない(可能性は極めて低いながら)ので、
まだ分かりませんけど、魔王パパが変態で、
楼座が癒し系ではないことは赤で宣言できそうです。

かなめ少年はもしかしたら無意識(の変態意識)で、
あんなちゅうをゆうきに教えたのかもしれません。
パパの遺伝と自らの変態的潜在意識によって…。
この件は本当に作者さんに尋ねてみたいですね。
「あのちゅうは誰の差し金なんですか?」と。

女性純血種の内、二人は変態のことが好きという
異常な状況だと実は閑が一番まとも
(男の趣味的意味で)な気がして、ヴァンパイア騎士は
改めて凄い世界だと思いました。どんだけ変態優位だよ!と。
月の騎士
2009/06/18 17:52
ドノーマルのゼロは今後もひたすら常識なツッコミをして、
苦悩し続ける道が待っていそうですね…。
せめてもう一人ぐらい、ツッコミが出来るまともな
人材がいてくれれば助かりますが。
(赤ローテ&ツインローテちゃんコンビを仲間にしてはどうかと)

うみねこについては、まだ公式に発表してませんが、
7月より「アレ」を「アレ」する予定です。
(曖昧すぎてすみません。7月1日には明らかに?)
もし良かったらそちらにも書き込んで頂ければ幸いです。
現状では、aiさん(とうみねこの記事に書き込みを
下さった方)以外、うみねこに興味のある方がいらっしゃる
のか分かりませんが、少しでも新しく興味持ってもらえる様に
アレをアレしていきたいです。
もちろんヴァンパイア騎士の記事にネタとして
書いて下さっても構いませんのでー。
月の騎士
2009/06/18 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第9回:第10巻感想(中編)】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる