月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第6回:遠矢莉磨】

<<   作成日時 : 2009/05/23 08:19   >>

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 7

よりちゃん、るかしゃんに続き主要女性キャラの一人です。


今回ピックアップするツインローテちゃんこと遠矢莉磨について、
彼女の登場・活躍シーンを原作から改めて探ってみたのですが…。

ちょっとコレ、出番が少なすぎるでしょ!!

前回のイチルもキャラクターの設定が重たかったので、ネタにするのが大変でしたが、
彼女は出番そのものが少なすぎます。たぶん、よりちゃん以下ですよ!

アニメでも、他キャラに比べて出番が多いとは感じなかった彼女ですが、
改めて原作と比べると、アニメはあれでも出番が増えていたことが分かりました。
赤ローテ君絡みで会話も追加されてましたし、何より最終話でアイドルに向かって放った、
「熱すぎて寒かった」の名言がありましたからね。


そもそも、彼女の原作初登場シーン(?)と思われるのがこちらのシーンなのですが…。


画像



……り、リマタン?

違和感と動揺によって、今まで呼んだこともない呼称で呼んでしまいましたが、
(?)を付けた理由はお分かり頂けますよね。キャラの面影が非常に薄いです。
かろうじて、ツインテールっぽい髪型をしているのと、赤ローテ君と一緒に居る事などから、
おそらく遠矢莉磨本人だと思われますが、推測するとこの時点で彼女について、
キャラ名すらまだ固まってなかったのではないか、と疑いたくなりました。

おまけに、角度的にどう見てもワイルド先輩にパンツを見られてます
キャラは固まってないわ、ムッツリナイーブ先輩…じゃなかったワイルドオレンジ先輩に、
下着を見られるわ、踏んだり蹴ったりの初登場ですね。しかも1巻の出番はこれだけでした。



下手すりゃ、その後存在を無かったことにされてもおかしくなかったですが、
2巻で再び登場しています。そのシーンがこちら。


画像



あー、良かった。これは間違いなくツインローテちゃんですね。
作者さんも、この辺りでは彼女のキャラも固まったのか、
準レギュラーキャラぐらいのポジションは確保できた様で一安心です。

3巻では、レベルEの堕ちたヴァンパイア退治の話にて、
初めてと言えるぐらいまともな出番が訪れます。
というか、彼女の名前が出たのも、この3巻が初めてだと思われます。(違ったらすみません)
1巻ではキャラが固まらずそのまま消えそうになるも、2巻で赤ローテ君の隣という立ち位置を確保、
そしてこの3巻でキャラ名獲得と、実は苦労人なツインローテちゃん…。涙を誘います。
初登場時から常にキングの中のキングだった、どこかの魔王さんとは大違いですね!



続く4巻の舞踏会、ここでも姿が見えない……と思ったら、ちゃんと居ました!


画像


非常に小さいコマ映りですが、この後ろ姿、間違いなくツインローテちゃんです。
一体何をしているかと言いますと、かごめかごめで遊んでいる…のではなくて、
シルクさんを中心に、ナイトクラス・デイクラスが入り乱れ、輪になって踊ってるみたいです。
マイムマイムかオクラホマミキサーでも踊ってるのでしょうか。…中二のキャンプファイヤー!?
ここに魔王が加わっていたら、デーモンを召喚する儀式にしか見えないと思いますが、
シルクさんが中心なだけに、とても和やかで馴染んで見える不思議ですね。
アア、青春の1ページです。この後、未成年の主張とかやっちゃうわけですね。分かります。

肝心のツインローテちゃんは「・・・・」の表記と、うな垂れてる様子を見る限り、
おそらく乗り気じゃなかったのでしょうが、シルクさんに言いくるめられてか、
赤ローテ君も参加するから仕方なくか、手を繋いで参加してます。可愛らしいですね。
この姿はもっと評価されても良い気がしますが、やはりコマの小ささが問題ですかね。


では、ツインローテちゃんが最も大きく描かれているのは、どのシーンなのか…。
「我々スタッフが一生懸命、一生懸命、現在発売中の9巻から探しました。
大きいツインローテちゃん、見つかりましたよ!(某バラ色の感動番組より)」


それが、こちらの絵です。


画像


6巻の29話で、赤ローテ君と一緒に扉絵になってました。
おそらくこれが原作9巻までに、最もツインローテちゃんが大きく描かれた絵ではないかと。
噂の10巻表紙はカラーという時点で、これを超えるのは確実でしょうか。



尚、原作者の樋野先生が書いたツインローテちゃんは、上の写真が最大と思われますが、
第8巻の巻末にアニメ版の声優さんが、ツインローテちゃんを1ページ丸々使って描かれてます。
この絵、普通に上手いですし、公式の絵にはない…と言ったら失礼ですが、
何と言いますか、男が喜びそうな色っぽさが含まれてます。
あえて写真は載せませんので、気になる方は是非8巻を購入してご覧になって下さい。

思えばこの作品(他の少女漫画にも普通無いと思われますが)には、
少年漫画的お約束な、女性キャラの水着やシャワーシーンがほぼ皆無です。
唯一、ゆうきのお風呂シーンが1度あった様な気がしますが、それはまぁ置いといて
他のサービスシーンは男の半裸だけですからね。色っぽいツインローテちゃんの絵は貴重です。
少女漫画で誰が得するんだって話ですが、ここに得してる奴が一人いるのでおkです。



その第8巻では、ゲス狂王に乗っ取られた赤ローテ君の体を取り戻すため戦うという、
ツインローテちゃんにとって、現在(第9巻)までの最大とも言える見せ場があります。
華麗にバク宙もしちゃって、この第8巻ではアイドルより目立ってたのではないでしょうか。

ツインローテちゃんは、赤ローテ君共々ヴァンパイアなのに魔王に毒されてない貴重なキャラですし、
その冷静で的確なツッコミと、ローテンションながら付き合いと面倒見が良い所がステキです。
是非、よりちゃんと『クールツッコミ・シスターズ』というコンビを組んで、
アイドルを弄ったり、時には魔王にも痛烈なダメ出しをしたりして、活躍して欲しいです。
次のドラマCDはそんな内容でどうでしょう?政治的(ファン層)理由で実現は難しいと思われますが。



次回はキャラのピックアップではなく、ヴァンパイア騎士第10巻発売直前記念としまして、
アニメとは違った展開を見せている『原作第9巻』を改めてピックアップします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
月の騎士さん、こんばんは。
前回の「今度生まれ〜」の元ネタは、ひぐらしのなく頃にという同人ゲームです。
これは恐怖レベルが18禁です。詳しい内容を知らないで体験版をプレイしたら暫く夜中にトイレに行けなくなりました(笑)
怖いのが嫌いな人にはオススメできないですね。私も大嫌いですが…絵を見て「これなら怖くないや」と騙されました。

さてヴァン騎士とは何の関係もない話で始まりました。
今回はツインローテ莉磨ちゃんですが、うん話題が無い!
断言するのもアレなのでファンブックを調べたら…あら身長が165cmと意外と高い。ナイトクラスの中では小柄ですが(瑠佳で169cm)私は勝手に160cm前後と思ってたので。

8巻の巻末イラストは私も得したクチです(笑)少女マンガだって女の子が色っぽい絵があったって良いと思います。
まーヴァン騎士は男の見せ場の方が重要ですか…。

10巻発売日も近づいてまいりましたドキドキガクブル。
9巻なら(一部を除いて)ツッコミしやすそうです。
ai
2009/05/27 00:01
aiさんコメントありがとうございます。
ああ、そうだ、ひぐらしでした!
実は私もプレイしたことありまして思い出しました。
確かにあの作品は怖いですねー。ただ、私もそんなに
怖いのが得意(好き)な方ではないですが、
PS2版だと、怖い表現が多少中和されているみたいで
(演出としては増えてますが)許容できる範囲でした。

ちなみに、続編(直接の繋がりはないですけど)の
『うみねこのなく頃』もプレイしてまして、
こちらもやはり怖さはありますが、個人的に大変面白いです。
ひぐらしやミステリーが好きな方にはオススメできるので、
もしプレイされてなくて、怖さを我慢できるなら是非!
月の騎士
2009/05/27 17:31
私も余談が長くなりましたが、本題に(笑)

確かにツインローテちゃんは結構身長高いですね。
モデルをやってる設定も関係してるのでしょうか。
るかしゃんも高いですねー。
こりゃプロポーションでゆうきに勝ち目はry
そのゆうき以外は皆高身長なイメージですが、男にも一人ぐらい、
低身長キャラがいても良かった気がします。
そして女の子の色っぽいイラストも、もっとあっても…。
男の半裸は溢れかえってるので、バランスを取る意味でw

10巻楽しみですね!
阿鼻叫喚、七転八倒、抱腹絶倒な内容(どんなだよ)
を期待しましょう。次回の9巻特集は10巻発売に向けた熱を
少しでも高められるように頑張ります。
月の騎士
2009/05/27 17:33
おお月の騎士さんもひぐらしプレイ済みでしたか!
私はPC版で鬼隠し編の「嘘だっ!」で硬直し、製品版を買う前に情報を仕入れた臆病者です…。
そうでもしないと綿流し編の「くけけけ」には耐えられなかったでしょう。
PS版は未プレイですが怖さの演出が上手いんですよね。

うみねこは本編は未プレイですがエピソード4までの考察や感想を色々見ています。
エピソード5以降は(厳密には少し違うかもしれないけど)解答編になるので情報を一切シャットアウトしようかと。
思い付いたのですが、戦人が6年前右代宮の姓を捨てた事が金蔵に碑文を作らせたのではないでしょうか。根拠は無いのですが。
ai
2009/05/30 00:33
六軒島で大量殺人が起こる理由として「動機」と「碑文」があります。
他にもあるかもですが取り合えず。
どのエピソードでも最初に6人、次に2人が犠牲になります(発見時ではそう見えます)
エピソードごとに犯人は違っても、必ず碑文にそって(最初の内は)行動しているのです。

つまり碑文が存在しなければ、少なくとも六軒島では事件は起きないのではないかと。
戦人の行動と碑文の存在がどう結びつくのかサッパリですが(オイ)

というかヴァン騎士の記事なのに他の話題でいっぱいになって莉磨ちゃんゴメンよ!
ai
2009/05/30 00:33
aiさん再びコメントありがとうございます。
私がプレイした時には、既に「嘘だっ!」のシーンは
有名も有名になっていたので、いつくるかいつくるかって
感じで待ってましたが、全く知らずにあんな展開を見たら、
そりゃトイレも行けなくなる怖さですよね…。
あ、「くけけけ」に関しては知らなかったし、
PS版の演出もあって普通にびびりましたw
あれを見てから、いつもの倍ぐらいテレビから離れて
プレイしてましたねー。

うみねこの感想(考察)は、私もちょっと前に書いたのですが、
ひぐらし以上に様々な考察が出てきそうな作品ですね。
aiさんの推理は、戦人が姓を捨てたことが金蔵の碑文と
関係があるですか!それは全くなかった発想でした。
ということは、金蔵は実は戦人のことがお気に入りで、
後継者に考えていたということでしょうか。
確かにエピソード中、「若いころの金蔵に似てる」とか、
言われてますし、金蔵のツンデレ度は未知数ですからねw
月の騎士
2009/05/30 09:36
なぜ碑文にそって事件を起こしているのか、
これはかなり重要な謎ですよね。作中で誰かが言ってたと
思いますが、そんなことしても無駄に証拠を残したり、
余計な手間になるだけであって、憎しみだけで
殺人を犯しているなら、明らかに不必要な行為です。
犯人は魔女の存在を誇示しているのか、
金蔵(碑文)の意思に忠実なのか、
碑文で惑わせて真相をカモフラージュさせているのか、
色々と考察出来そうですね。

これは私の勝手な予想ですが、今後のエピソードで、
戦人(ほかの子供達と一緒に)が碑文の謎を解いて、
金蔵の隠した財宝を見つける展開があるのではないかと。
その時、戦人と碑文に関係性があったら面白いですね。

エピソード5以降も買うつもりですので、
プレイしたら自分なりの感想(考察)を書こうと思ってます。
情報をシャットアウトされるのであれば、
プレイ後にでも読んで頂ければ。

では、私も関係ない話を延々書いてしまいましたので、
ツインローテちゃんに謝罪を。ごめんなさいm(_ _)m
月の騎士
2009/05/30 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第6回:遠矢莉磨】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる