月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 原作編【第5回:錐生壱縷】

<<   作成日時 : 2009/05/16 08:48   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は原作9巻までの重大なネタバレを含みますので、ご注意下さい。


いきなり衝撃(想定内?)の告白ですみませんが、


ピックアップするキャラのチョイスをミスりました!!


今回、記事を書く筆(キーボード)が進まないこと、進まないこと!
と言うと、イチルファンの方にフルボッコにされかねないので弁解しておきますが、
イチルが悪いのではありません。イチルの境遇(とキャラ設定)のせいなのです!

これまでピックアップしてきたキャラは、一応全員1巻から登場していましたが、
今回の錐生壱縷の初登場は4巻からになっていますし、
序文通りのとんでもないネタバレすみませんが、9巻でご退場となってしまいます。


おまけにその過程や境遇も、茶化したネタにできないほど哀しみに溢れています。
子供の頃は、体が弱いことでゼロ以外の人間にはあまり心を開かず、
そうして異常なほど慕っていたゼロとも、ある日を境に愛と憎しみが入り混じり始め、
両親を殺しゼロをヴァンパイアにした純血種しずか様を好きになって付き従うも、
仮面を脱いで顔が出てからわずか1話で、しずか様が魔王に殺されまた一人ぼっちに。

その後、7巻で転校生として再び登場し、ゆうきに嫌味を言い放ち、
山田委員長とフラグが立ち(誤解)、アニメではゼロとも少し打ち解けそうになるも、
結局は魔王の手駒にされ、ゲス狂王に瞬殺され、最後はゼロが完全体になるために…。
以上がイチルがした大体の活躍(?)です。


これだけでも不幸だらけですが、本編以外でも報われません。
ドラマCDやDSゲームでは、存在自体が抹消されていて出番も無いという状況です。
…これではイチルがぐれてしまう気持ちも分かりますよね。

ああ、可哀相なイチル。イチルに幸あれ…。と、これで感想が終わってしまっては、
ヴァンパイア騎士の感想を書き始めて以来、最もネタにならない記事になってしまいますので、
ここからは勝手な妄想込み(まあいつもそうですけど)で、書かせてもらいます。
あえて言おう!可哀相なイチルも性格は永沢くん(ちびまるこより)並にひねくれている!と。



初登場からしずか様に付き従ってる間は、哀しい過去や境遇の印象が強すぎるため、
イチルの性格は二の次になってますが、注目は転校生として学園に戻ってきてからです。
何食わぬ顔で自分の素性を偽り、ゆうき(とゼロの女性趣味)に対して痛烈なダメ出しをしてます。

これはしずか様ファンの皆様には申し訳ないですが、あんなドS女王ヴァンパイアを好きになる、
アンタの趣味も人のこと言えたもんじゃないとは思いますが…。
というか、「ゼロ…趣味良かったはずなんだけど…」って、あんな幼い頃から、
ゼロは女性の趣味が確立されてたんでしょうか?それはそれで恐ろしいですね。


ファンブックで確かめますと、ゼロのタイプは『年上のイイ女(ペッタンコは論外)』と書いてますが…が、
以前コメントでも話題になりました通り、これは明らかにゆうきに対するツンデレなので、
全然参考にはなりません。そしてイチルの趣味は『年上の綺麗な女の人』だそうです。
なるほど、つまりイチル的に、年上の綺麗(イイ)女性が好き=趣味が良いということなんですね。
まあ、それは人それぞれでしょうし…って、あれ?…え?…ちょっと待って下さい。

しずか様がたまたまタイプだったから従ったのか!?

不貞腐れてるところに、ちょっとタイプの女の人居たからって、
その誘惑に釣られちゃって、両親やゼロをあんな目に遭わせたとか?
……いやいやいや、まさかそんな〜…もしそうだとしたら、
ピーターパンの原作ぐらいゾッとする話ですけど…イチルを信じましょう!


そんなイチルは、ゆうきとゼロに対しては毒や嫌味を吐きますが、
クラスの女子や、あの山田委員長すら一目で気に入られています。
この辺りの様子を見るに、心に傷を負ってひねくれたというより、
元々持ってた性格の悪さ、腹黒さが出てしまってる様な…。
8巻のおまけ漫画でも、ゼロのイメージダウンを狙って、女装した姿を披露しています。

ということで、イチルの性格はひねくれている説を無理矢理提唱してきましたが、
ファンブックのイチルの趣味の欄には、『ゼロに関わること』なんて書いてありますので、
イチルの性格はひねくれているというよりも、ゼロと一緒のツンデレさんなだけかもしれませんね。
結局イチルをネタにしたかったのか、フォローしたかったのか自分でもよく分かりませんが、
どうにかこうにか、こうして記事を書きあげれたことに安堵しています。



えー、最後におまけです。

おまけ(切り抜き4コマ漫画):イチルご乱心!?


画像



画像



画像



画像


そりゃゼロも心配しますよね!


次回は、ヴァンパイア騎士女性キャラ四天王の一人、
ツインローテちゃんこと『遠矢莉磨』をピックアップする予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いやーヴァン騎士いち茶化しにくいキャラかもですね。いちるんは。
私は最後に「今度生まれてくる時も双子がいいね」とか言って欲しかった!(無理)
…他の作品のセリフですが(この作品の双子は生きてるし)
舞台裏みたいな設定ならCD出演も可能なんですけどね。

襲撃した吸血鬼が好みのタイプ(閑様)じゃなかったら、どんな展開になってたか知りたい様な知りたくない様な…。

愛情表現も捻くれている様でハタから見ると分かりやすいタイプ。
嫌がらせ(女装)もぜろりんにダメージを与えても本当に嫌われる事はやらないし、いえ本編はアレですが。

ぬおー!やっぱりいちるんはネタが出にくいです。
次回のツインローテこと莉磨ちゃんは、原作しか知らない私にとってはもっと強敵ですが頑張ります。では。
ai
2009/05/21 07:05
aiさんコメントありがとうございます。
ホント、実にツッコミにくかったです(笑)
他のキャラは弄れば面白くなるキャラばかりですが、
イチ…るんは弄っても全力でスルーされそう(書いても
そんなイメージ)で、役目としてはボケたりは絶対しない
クールな二枚目という、古典的少女漫画の主人公として
相応しいキャラなのかもしれませんね。
(この作品では異端ですが)

「今度生まれ〜」のセリフはどこかで聞いたことが
あった気がしたので、ググってみました…が、
いまいち元ネタが分からなかったですw
でもそんなセリフを言って欲しいですね。
ある意味残酷ですけど。

次回のツインローテちゃん編も鋭意書いておりますが、
こちらもいちるんとは別の理由で難しさが…。
こちらも頑張って書いてみますので、お時間ありましたら
突っ込みを入れて下さると嬉しいです。
月の騎士
2009/05/21 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 原作編【第5回:錐生壱縷】 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる