月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS LaLa(2009年5月号) プロローグ編

<<   作成日時 : 2009/05/12 06:56   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

社会人になって初めて少女漫画雑誌を買ってしまった男が、そのついでに感想を書きます。


人生とは分からないもので、成人を迎えた頃は、まさか自分が少女漫画雑誌を買うとは、
露ほども思ってませんでした。…って、なんかヴァンパイア騎士にはまった時も、
原作本買った時も、ゲームを買った時も、毎回似たようなこと言ってますよね。
いい加減、こういう趣味に目覚める資質があったことを認めるべきでしょうか。

恐ろしいのはヴァンパイア騎士の魔力か、私の変態的な趣味の守備範囲か…。
まあ、もうどっちでもどうでもいい良いですね。
とにかく今私の部屋の机には堂々と、この本が置いてあるわけです!


画像




ということで開き直って、せっかく買ったのだから、ヴァンパイア騎士のドラマCD以外も、
読んで記事のネタに使わせてもらって、雑誌全体で楽しませて頂きます。


題して、『少女漫画雑誌をー、読んだこともない騎士がー、
LaLaにー、出会った〜(例のナレーション調)」



今回はプロローグ編と称して、連載漫画以外の雑誌的視点から書いていきます。

カラーページの構成は、連載漫画関連の情報や読者プレゼントなど、
少年漫画雑誌などとも大差ない感じかな…と思いきやですよ!
よく見ると、少女漫画雑誌にはよくあることなのか、LaLaだけなのか分かりませんが、
いくつかカルチャーショックな発見をしてしまったので、それについて書きます。

まず読者プレゼントなのですが、プレゼントの賞品自体は、
テレビゲームから女の子らしいグッズなど、私でも欲しい物もありましたし、
世間一般の女性達でも欲しがっておかしくないラインナップだと思います。
が、問題は煽り文句です。

『妄想の花咲く憧れライフ!』って!!

各賞品を、妄想セレブ、妄想アスリート、妄想アーティスト用と区分けして、
果ては妄想新婚という、さすがに色々と問題な気がしないでもないジャンルまで…。
この一文だけで、LaLaは妄想を積極的に推奨している雑誌だということが分かりました。
おいおいおい……いくらなんでもそれは……。


エクセレントッ!



立場上、ツッコミを入れましたが、これに関しては全面的に賛成です。
なぜなら、私も妄想みんGOLファーであり、妄想MMAオタクであり、妄想ブロガーなので、
この『妄想○○』というジャンル(言葉)は、流行らせたいぐらいです。
その内、相手の血液型を聞く様に、「あなたは何の妄想族?」みたいな質問が飛び交う世界が…。
たぶん、妄想新婚は勇者並の上級職だと思いますけど。私もいつかなれるでしょうか?



続いて花とゆめコミックスの紹介ページでも、度肝を抜かれました。
何せ男キャラ同士が顔(や他の部位)を異常接近させている絵が、
カラーページの一部に堂々と載っているのです。いや、こういう漫画が存在することは、
幸か不幸か知ってしまっている上に、一時期は詳しく情報を仕入れようとしたりして、
道を踏み外そうになった黒歴史もあるので、私はまだ免疫がある方だと思いますけど、
それにしても、こんなの普通に載せちゃって良いんですか!?
「これであなたの身長も10cm以上伸びる!」みたいな広告よりはマシかもしれませんが、
LaLaという雑誌の立ち位置が、ますます分からなくなりました。

まあ、想像でそういう広告だと決めつけてるだけで、実はどちらかは女性キャラで、
普通のラブコメ漫画だったり(どう見てもどちらも男にしか見えませんが)、
あるいは男同士だけど、普通のバトル漫画かもしれませんものね!うん、きっとそうだ!
…えー、どうにかフォローしようと思って頑張って書いてみましたが、
漫画紹介文と煽り文句を読むとどうにもフォローできないのですけどね…。
とても掲載できたものではないので、気になる方は各自調査をお願いします。



雑誌の真ん中辺りでは、『女王様占い』たるものが今回から始まった模様です。
誕生日と血液型だけで診断できるという、よくある簡単な占い診断ですが、
『女王様』で診断しようとするところが、さすが少女漫画雑誌…というかさすがLaLaです。
まだ全然読んでませんが、既にLaLaの異端具合が薄々分かってきました。

毎月一人ずつ女王様紹介をする様で、今月の女王様紹介はジャンヌ・ダルクでした。
確かにジャンヌ・ダルクなら、女王様キャラに分類しても良いかもしれません。
ただ、ナイチンゲールやマザー・テレサは明らかに別分野だと思うのですが…。
清少納言や小野小町もどうだろ…。というか、『世界の偉人女性占い』じゃダメなんですかね?

ちなみに私は卑弥呼でした。
洞察力に優れる半面、サバサバした破天荒な魅力を持つキャラの様です。
自分に当てはまってるかどうかはともかく、卑弥呼自身がそういう人なのかが怪しいですけど、
そこは言いっこなしですよね。



最後は週刊誌にはお約束の読者ページの感想を。
大喜利やお笑いネタに走りがちな少年漫画雑誌とは違い、さすがに少女漫画雑誌だけあって、
普通の恋愛相談があったことに安心しました。相談内容についてはノーコメントですけど。

が、次のページにはさすが妄想花咲く憧れライフを支援している雑誌なだけあって、
『かくれ萌え』たる、妄想力を鍛えるためのコーナーが。
なかでも、Yシャツの第2ボタンを付け直す姿に萌えてる方がいらっしゃるのは驚きました。
その場面を一体どこで見るのか、仮に見たことがあったのでも人生で次に見る時が来るのか、
第2ボタンじゃないといけないのか、色々と謎は尽きません。
…あ、もしかして妄想家庭科のお話ですか!?。
それならば大変失礼しました!(そう思う方が失礼だろ)



おまけページの感想だけで、十分ネタになってしまうとはLaLa恐るべしですね。
毎週ではないと思いますが、今後も火曜日枠を使って、読んだ連載漫画についても、
感想を書いていきたいです。おまけでこれなら本編の漫画は一体どれだけ凄いのやら…。

……あ!これからLaLaを毎月買うってわけじゃないですよ!
ネタフリじゃないですからね!ホントですって!ホントにホントにホンry。
でも、ヴァンパイア騎士のドラマCDが付録になったら、また買う可能性は高いですけど。(ぼそ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます

女性誌は雑誌内の広告の違いに一番のカルチャーショックを覚えた記憶があります
アルバトロス赤木
2009/05/12 20:32
アルバトロス赤木さんコメントありがとうございます。
お久しぶりですー。まさかこの記事にコメントを
下さるとは思いませんでしたw赤木さんも女性誌を
読まれる(読まれた)のですか?
男性誌ではまずお目にかかれない系統の
広告が含まれてますね。女性漫画雑誌以外
(ファッション誌とか)でもあるんでしょうか?
少女漫画雑誌は買えても女性ファッション誌を
買う勇気はさすがに無いですけども…(おぃ
月の騎士
2009/05/12 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
LaLa(2009年5月号) プロローグ編 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる