月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァンパイア騎士 Guilty 第3話「瑠璃玉の肖像(ミラージュ)」

<<   作成日時 : 2008/10/22 09:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

現実の知人には最も読まれたくない、この感想シリーズ!


当ブログの記事は、読まれてまずい事を書いてるつもりはないので、
知り合いが万が一読んでも、他の記事ならそれ程ショックを受けないと思いますが、
この感想だけは、読んで欲しくないですね・・・。ドン引きじゃ済まないでしょう。
バレた場合、これだけはゴーストライターが書いてるってことにします(笑)

それでは、そんな恐怖を抱きながらも、今週も思い切っていきましょう!
ヴァンパイア騎士感想、始まりでーす!


何はともあれ、今話はアイドル(主役)への昇格がトピックスでしょう。
これまで、下積みとして、魔王に叩かれたり、痛い言動をしたり、時には真面目になってみたりと、
試行錯誤を重ね、数多の汚れキャラを演じてきた、俺たちのアイドルですが、
遂にゼロ、ゆうき、魔王らを押しのけ、ストーリーの中心に座りました。おめでとうアイドル!
今回は、全編に渡って(特に前半パート)活躍してましたので、全ては書けませんが、
この感想呼んで下さってる方は、皆さん本編を見てるから問題ないですよね?・・・よね??

アイドルが活躍している一方その頃、バカンス(?)に出かけた魔王ご一行は、
部屋でくつろいでました。まあ、くつろいでいたのは、二人の女子とシルクパンツだけで、
へタレオレンジは部屋に引きこもり、魔王はベランダで外を眺め、黄昏ていましたが。
それにしても、シルクパンツの、あの場の馴染み様の見事なこと!!
さすが、シルクの下着を着けてるだけのことはあり、バラの紅茶とクッキーがよく似合う!
なんか、保育園とかに子供預けた後、若いママ達がお茶してる所にも、
普通に溶け込めそうですね。お嫁さんアット・ホーム・ダッドにしたいです。

更に今話では、これまでほとんど目立ってなかった、あのキャラも動き出します。
彼の事は、今回より正式に赤ローテ君と名づけたいと思います!
赤はもちろん髪の色、ローテはローテンションの略で、君付けは何となくです。
その赤ローテ君のママも登場しましたが・・・ってか、ママ若ッ!!
ヴァンパイアだからなのか、鬼畜と呼ぶ夫から察してしまう理由なのか分かりませんが。
今後、赤ローテ君は、ストーリーにどう絡んでくるのか!期待しましょう。
そして、他の濃いキャラ達に埋もれず目立つことができるのか!?期待し・・・難しいなあ。


場面は再び、今週の主役アイドル様に戻り、いきなりのサービスシーンです。
主役になったご褒美か、バラ?を散らした泡風呂という、叶姉妹クラスのセレブですら、
入ってたことがあるか分からないぐらい、非現実的な風呂が用意されていました。
泡風呂シーン自体、DBの1巻でブルマが入っていた事ぐらいしか思い出せませんが、
まさか、時を経て、男の泡風呂シーンをしげしげと見ることになるとは・・・。
まあ、前作から、毎回男の半裸シーンがあるのはお決まりだったので、
それが豪華になったと思えば、納得できます。ヴァンパイア騎士ではよくあることです。

風呂の中で、ヴァンパイア達の幼少期が、アイドル視点で回想されますが、
何と、アイドルは最初魔王のことを、むしろ嫌って避けていた事実が発覚しました。
ただ、この頃は魔王も本当に純真無垢だったようで、普通の可愛い少年です。
ところが数年後、可愛いかった少年は、もう今の魔王になってしまいました。
見た目から察するに、まだ15歳ぐらいだと思いますが、お慰めしたいお姉さんまでいます!!
お慰め・・・・おなぐさめ・・・・オナグサメ・・・・ソウユウコトナノカイ?
魔王てめぇえええええええええ!!(先週に続き2度目の怒り)

そんな、純真でも無垢でもなくなった魔王に対して、本当の想いを告白するアイドル。

好きなんだぁ!

好きなんだァー!

好きなんだアッー!


・・・この言葉に対して、こんな捉え方をしてる時点で、私も別の意味で純真無垢では
無い様な気がしますが、僕もまたネットに踊らされただけの犠牲者の1人に過ぎないのさ・・・。
しかし、可愛らしく素直な少年魔王に対しては、嫌う態度を取っていたのに、
成長して、威圧感丸出しの現魔王に対しては、顔を赤らめて告白するなんて、
アイドルは、とんでもないドMであることが発覚しました。まあ、大分前から分かってましたけど。
そんなアイドルの告白を、ガン無視して慰められにいく魔王。
あの世界じゃ攻めと受けが決定してるんだろうなあ(ぼそ)
はい、そろそろ本気で、色々と誤解されかねないので、控えたいと思います。


その後、ゼロとゆうきの無駄にエ□い吸血シーンも有りまして、
(あのなめ方とゆうきの表情は、明らかに狙ってるでしょう)
それをタシーロしたアイドルは呆れつつ、魔王の部屋を物色しに行きます。

さあ、アイドルはこの後、再び魔王の犬となって汚れキャラに戻ってしまうのか!
それとも、謀反を起こし、魔王討伐の一員として名乗りを挙げるのか!
この戦いの行く末は、アイドルが握っています!!

それとも、今週のシルクパンツに惚れた女子様(一部男子様も)多発を受けて、
来週から、『シルクパンツの午後は優雅にティータイム♪』みたいな番組が、
これまでのストーリー無視で始まるのでしょうか!・・・それはそれで見てみたいですけど。
今後も目が離せない展開に期待しましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。
しばらく黄泉の国へ行ってて(精神的に)アニメ見てませんでした。

人生色々ありますよね、はい。

シルクパンツの番組見たいです。よろしくお願いしますw

赤ローテ君?wに触れてくれてありがとうございます♪
母の髪をとかすところまでは良かったのに…
血をちょうだい、かよぉ…(´Д`)
なんとなくね、彼には幸せになってほしいと思います。
何気にお菓子をあげるツインテールが可愛かったです。

アイドルが昇格しましたね〜
これも途中まではよかった。
しかし・・・好きなんだーって。あの言い方は。
そっちの方には特に興味のない私でも、違和感を感じましたねw
彼はそっちの人なの?ですかね?

あーあ。純粋無垢な頃の魔王はよかったな・・・
アイドルもあのままでよかったのに・・・
普通に普通の友情はなしなんですかね、無理なんですかねー。

さわやかさがほしい今日この頃(笑)

零は料理好きなんですね。かっこいいけど、塩ラーメン持ちながら立ち聞きは、ちょっと笑ってしまったww
pinoko
2008/11/02 06:50
2回分のコメントありがとうございます。
そうでしたか…アニメを見てる場合でない精神の時も
ありますよね。お察し致します。

赤ローテ君は、不幸な生い立ちの人なんですね。
ツインテールの子はそれを知ってる様ですが、
今後どう絡んでくるのか楽しみですね。今度は
ツインテールの子をフューチャーするやもw
(あだ名はどうしようかな…)

アイドルがそっちの人というのは、勝手な解釈で、
女の子にキャーキャー言われても喜んでますから、
本当はそうではない…はず…だと思いたいですw
でも、本気でそういう妄想をしてる方も世の中には、
いらっしゃいそうですし、作者さんもわざと意図
してるかもしれないですね。
純粋無垢な頃は、本当に可愛かったです。
あの頃に、魔王やアイドル(の汚れ名)は
似合いません。本名で呼んであげたいですw

あの料理塩ラーメンだったんですね!
実は、気付いてませんでした…。
ゼロの塩ラーメン好き(ゆうきも?)は、前作から
伏線(?)もありましたが、ここで出るとは!
ではでは、第4回返信に続きます。
シルクパンツについては次回分で!
月の騎士
2008/11/02 09:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴァンパイア騎士 Guilty 第3話「瑠璃玉の肖像(ミラージュ)」  月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる