月の騎士の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 私とアニメのヒストリー

<<   作成日時 : 2007/07/16 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テーマ漫画・アニメ移行記念ということで。


先日は、「記事を移動させるのがめんどくさい」とか書きましたが、
今後の事も考えると、漫画についてはかなり書いてしまった感もあり、
また、漫画はお薦めされない限り、ある程度好きな漫画だけを読んでしまうので、
新しい風を取り入れるためにも、記事が50に届かない内に移行させました。

偶然ですが、テーマ漫画の記事を書き始めてから明日で丁度2年経つんですね。
今見返すと、既に内容が漫画じゃなくてアニメの記事も幾つかありますし、
もっと早くやっておけば良かったかもしれませんね。



今回はその記念として、私とアニメの関係を振り返ってみようと思います。
まず、このブログでも再三再四書いていますが、小学校を卒業する頃までは、
私とアニメは切っても切れない関係であったと言えます。

その頃までに見たアニメは、今見ても懐かしい限りですし、
その年齢でアニメを見ていても、誰もアニオタとは呼ばないでしょうけど、
興味や見てる量的には、そう呼んでも良いぐらい好きで見てました。

見るアニメの種類も、子供向けから少女向けまで、ほぼ雑食でしたね。
なぜそのアニメを見たのかは、思い出せるのもありますし、全然思い出せないのもあります。
母親が見させていたような気もしたのですが、自分で見ていたということなので、
何かしら興味があって見てたんでしょうけど。


ただ、あまり大人っぽいアニメは見ていませんでしたね。
まあ、大人っぽいというか、当時から考えると、幽々白書を見た時に一皮向けた気がするので、そのレベルでも、私にとっては大人な感じがしていましたが。
エヴァンゲリオンとか、そこまでいくと当時は全くのノータッチでした。

今みたいにひねくれてもいなかったですし、
特に変な趣味もなかったので、見ていたアニメは有名所ばかりです。
そもそも、ゴールデンタイムや休日の朝にやっていたアニメしか見れないので、
必然的に、見ているアニメは王道になるわけですけど・・・。

当時の中でも好き嫌いはあったのかな・・・。
今でもよく覚えているアニメは、当時も好きだったと考えられますかね。
1話から最終話まではっきりと見た記憶のあるアニメはそんなにないですが・・・。
どちらかと言えば、当時の私は情報が遅れ気味だったので、
1話から見れることが多くなかったです。

最初にアニメを見たのはいつかはっきりと分かりませんが、
1990〜1991年頃のアニメからは記憶にあるので、
そこから小学校を卒業するまでの、1998年頃までは、
1年ごとに区切っても書けるぐらい、見たアニメは多く、思い出深いものも多いです。



しかし、中学に入った辺りから、アニメはほとんど見なくなります。
理由は・・・起きている時間も遅くなり、テレビを自由に見れるようになって、
それで興味がアニメ以外に移ったというのが妥当な説明ですかね。
別にアニメが嫌いになって見なくなった覚えはないのですが、
もしかしたら、どこかに「アニメ見てる年頃じゃねえだろ」みたいな気持ちも
あったのかもしれません。ゲームは相変わらずやりまくってましたけど(笑)

よって、中学時期にやっていたアニメは、当時ほとんど見ませんでした。
言ってみれば、アニメへの反抗期な時期でしょうか。
この変化は徐々にではなく、結構急激だったと思います。
生活環境や習慣が変わるというのは、やはり色々と影響するものですかね。


高校に入ってからも、アニメを見た記憶はほとんどないです。
それに、この時期になるとアニメへの印象というのは、さすがに変わっていました。
中学まではアニメ=オタクとか、そういう結びつけの意識はほとんど無かったですが、
さすがに高校にもなると、そういう世間の雰囲気は感じましたね。

だからアニメを見なかったわけではないですが・・・。
中学同様、興味が別に大きくあったので、特にアニメを見ようとは思いませんでしたね。
中学から計算すると、1999〜2004年ぐらいまでアニメからは遠ざかってますね。



で、大学に入っても別にアニメを見るようになったわけではなかったのですが・・・。
記憶の上では、久々にアニメをちゃんと見ようと思って見たアニメが、
「アカギ」だったと思います。それ以外は特に興味なかったですけど。

なので、ここ最近の変動は、年齢によるものではなく、
一つは以前書いたように、ネット動画の普及のためです。
もう1つ、特にここ数ヶ月ぐらい、私は結構アニメを見た気がするのですが、
その理由は、他に大きな楽しみがない状態だからです。寂しい事に。
アニメに限らず、ニコ坊化したのはそのせいですね。
よって、みんGOL5が発売し、PRIDEが復活したら、また離れる・・・とは言えませんね(笑)

なぜなら、そういう不可抗力もあって、アニメを見たりしたわけですが、
正直、面白いものは普通に面白いと思いました。
アニメを見るのはオタクだとか、気持ち悪いとか別に言われても構いませんけど、
周り回って今になって、地上波のクソ番組(地上波の番組全てを否定してるのではないです)
を見るぐらいなら、アニメを見た方が面白いと思える境地にまでなりました。
中・高では、アホらしい番組をありがたがって見ていた時期もありましたが、
そんなしょうもないものを見るなら、アニメを見ていた方が良かったかもしれません。

振り返ってみても、中・高と私がアニメから離れていたのは、
別にアニメを見て「こんなつまんないもの見るか」と思ったわけではないので、
私は今も昔もアニメに対する偏見は・・・そんなにはないです(笑)
まあ、「何が萌えアニメだ」とか思ってたこともありましたけどね。

今こうやって、中・高で珍しがって見てしまった番組のことを批判してますけど、
小学生時に見たアニメは、批判する気はないし、今でも面白いものも幾つもあると思います。
ようやく、この歳になって、少しは悟りの境地が開けたなと思える次第です。
・・・まあ、単に私の趣味・趣向が、また一歩異端な方向へ踏み出しただけかもしれませんが。



どうあれ、考え方的には既に十分なアニオタと言えるのではないでしょうか。
私はアニオタになりたくないと思った事はない・・・・・ことはないか(笑)
ただ「萌え〜」とか言ってるだけなのがアニオタなのは嫌ですけどね(笑)
むしろ、中途半端な知識や興味で、オタクと称すには失礼だと思っているので、
私としては、この程度でアニオタと名乗っては、アニオタの皆さんに失礼だと思ってますが。

そりゃ、小学生まで、ほとんどアニメしか見てなければ、ルーツはありますよね。
ただ、じゃあネットでアニメが全く見れなくなっても、地上波で見るかと言われれば、
それは、よほど気に入ったアニメでなければ見ないと思いますが・・・。
これでは、全然アニオタじゃないですね。
なのに、一般的に見ればそうとしか見えない、この世界は・・・。

あれでしょうか、幽々白書でありましたが、S級妖怪と一口に言っても、
ピンからキリまで居るように、一般的に見れば私レベルでもS級妖怪なのか・・・。
いや、アニオタ=妖怪としても、私はせいぜいC級下位妖怪程度だと思いますけどね。
戸愚呂クラスの妖怪にあったら瞬殺されることでしょう(笑)
とりあえず、この例が分かる人はオタクという名の妖力は少しは持っているのではないかと。



そんなわけで、今の私は小学校卒業以来の第二次アニメ期と言えます。
次回は、ここ数ヶ月ぐらい某動画(今更隠してもどうしようもないが)
で見たアニメの中で、お薦めなものを幾つか紹介したいと思います。
漫画のように、もしお薦めアニメがありましたら、それもいつでも紹介して頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私とアニメのヒストリー 月の騎士の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる